2005年06月07日

郵政民営化で日本の経済は良くなるのか

銀行が保険会社がだらしがないから、郵政民営化の流れになっているのでょうか。
たしかに、銀行はだらしがないというか、
預金金利が低すぎるようにも思います。

http://www.worldtimes.co.jp/special2/keizai/041006.html
国民の金融資産は現在千四百兆円ある。そのうち郵貯が二百二十兆−二百三十兆円、簡保が百二十兆円、公的年金が百五十兆円で、全部で五百兆円近いおカネが国に流れているというのは、やはり異常だ。だから、これは縮小しないといけないのだが、これほど大きくなったのは、郵貯や簡保が素晴らしいからではなく、民間がだらしなかったからだ。


銀行も郵貯もダメということで、結局、伸びているのはサラ金なのでしょうね。
要するには、現在の金融事業は、消費者のニーズにマッチしていない
消費者も盲目的に、貯金すれば良いものと錯覚している。
そのあたりの意識改革がなければ、日本はダメ

株式投資を博打だと白い目で見ている一般人が多すぎるようにも思います。
posted by 勿忘草 at 11:55| Comment(21) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植草、お前の時代は良かった


昔は許されはしたが、これからは厳しく処罰されることになりそうです。

自民党の盗撮防止法ワーキングチーム(事務局長・世耕弘成参院議員)がまとめた、盗撮行為を厳しく罰する性的盗撮禁止法案の要綱案が22日、明らかになった。


いまじゃ、盗撮ビジネスで人稼ぎしている人も多いですから
これができると、かなりの痛手になりますね。
しかし、社会の健全化のためには、できるだけ厳しい処罰が求められると思います。

性的盗撮や盗撮写真の提供・販売を禁止し、違反者に懲役2年以下または罰金200万円以下の罰則を科す内容だ。自民党は要綱案に基づいて法案を6月上旬に参院に提出し、今国会での成立を目指す。


罰金では甘い、やはり日本では懲役が有効だと思います。
posted by 勿忘草 at 11:44| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。